よくあるご質問

助成金について、よくいただくご質問をまとめました。
以下の内容では解決できない際にはお気軽にご相談ください。

成金は様々な支給要件を満たせば受給できますが、補助金は条件を満たしても採択されなければ受給できないのが大きな違いです。採択されるという点を考慮すると補助金の方がハードルは高くなります。

また、助成金の財源は、雇用保険です。
補助金の財源は法人税などの税金が財源となっています。

助成金ごとの要件を満たして、しっかりと取り組みを行えば受給の可能性は高く なりますが、申請をすれば必ずもらえるものではありません。最近ですと、抽選型のものもあります。

採用、仕事と家庭の両立、従業員のキャリア形成、スキルアップ、社内制度の改善、創業これらを検討しているのであれば、助成金に該当する場合があります。

はい。その通りです。助成金・補助金の返済は不要です。

成金・補助金は種類も多く、申請方法は煩雑とわかりにくい制度です。 さらに制度の改正もあり、時期によって要件が異なる場合もあります。 そのため、助成金に興味があっても、活用できるものを見つけることも難しく申請を断念するケースも見られます。

既に申請した助成金や、取り組み内容が同じものは申請ができません。 取り組み内容が異なる場合は、複数の申請が可能ですので、関連する助成金をまとめて申請という方法がお勧めです。

また、類似の取り組みでも、助成金の金額や条件が異なる場合もあります。なので制度導入などの際は、類似の助成金もよく調べた上で行う事をお勧めします。

ほとんどの助成金が支給申請から3ケ月~となります。
助成金の受給は、助成金ごとによって期間やタイミングが異なります。 たとえば、助成金の取り組み内容を宣言するだけのものですと、比較的早く受給 できますが制度導入から取り組みをして申請をするものですと、長期間かかるも のもございます。

もし、企業側の都合で従業員を解雇した場合は、助成金の要件に該当しなくなる場合がありますが、一度解雇しているから出来ないか?というと、解雇した時期によっては申請が可能になる場合もあるので、しっかりと確認する事が大切です。
また、申請した時には解雇をしていなくても、申請後に解雇した 場合も不支給となります。

助成金の要件さえ満たしていれば、どなたでも受給可能です。
株式会社、有限会社、合同会社などで助成金を受け取れないということはありません。なので、個人事業主でも受給することは可能です。
ただし、事業の規模によっては同じ助成金でも受給額が違う場合があります。

助成金ごとに各種申請書類が用意されています。
それに加えて事業計画書、就業規則、出勤簿、賃金台帳、雇用契約書などが必要となるケースが多いです。

アルバイトやパートでも新しく人を採用した場合や、アルバイトを正社員へ転換など、助成金によっては要件を満たしていれば対象となる場合があります。