助成金の基礎知識

働き方改革による残業時間の削減の助成金

最近残業多くて、仕事中もねむぃなぁ。そんなときに、普段しないようなミスで「ヒヤリ」とした。そんな経験された方は多いのでないでしょうか?
また、「ヒヤリ」で済めばいいですが、昨今の報道にある過労死や、過重労働から来る運転事故に繋がってしまっては、もう後戻りはできません。

そして、睡眠の質や休息を怠ると生産性や効率が下がると言う問題は、働き方改革においても重要視されています。
そこで、今回は、労働時間の管理や残業時間の削減に繋がる、勤務間インターバル制度と言うものをご紹介します。

 

勤務間インターバル制度ってなぁに??

働く方々の「健康の確保」と「ワーク・ライフ・バランスの推進」の為に、勤務終了後、一定時間以上の休息時間を設けることで、働く方の生活時間や睡眠時間を確保しましょう!といった制度です。

 

勤務間インターバルの動向について

働き方改革にともなって、厚生労働省の「過労死等の防止のための対策に関する大綱」では
2020年までに、勤務間インターバル制度を知らなかった企業割合を20%未満とする。
2020年までに、勤務間インターバル制度を導入している企業割合を10%以上とする。
と公表しており、特設サイトを設けて推進をはかっている真っ最中です。
今後、この制度の認知をあげて、どんどん制度の導入をしていくよ。という意欲を感じますね。

 

どんな効果があるの?

導入によって、休息時間の確保がされることで、過重労働から来る事故や業務効率の低下を防ぐことができます。

残業時間が削減されて、生産性があがれば、企業の収益も上がっていくでしょう。と言うのがこの制度の狙いでもあります。

 

制度はわかったけど、どうやって導入すればいいの?

そんなときにお役立ちなのが、時間外労働等改善助成金の勤務間インターバル導入コースです。

勤務間インターバル制度を導入する際にかかる費用や経費を抑える事ができる助成金ですので、この助成金を通して導入すれば、お金を貰って企業を成長させることができるので、一石二鳥です。

ベストファームでは無料で助成金のセミナーを開催しておりますので、是非お気軽に足を運んで頂き、勤務間インターバル導入したいのだけど、どうしたらいいの?とお伺い下さい。