助成金の基礎知識

助成金活用・申請のポイント

助成金の活用にあたって、申請から受給までのポイントをご紹介します。

助成金に該当しそうか確認する。

これからこんな事をするんだけど、助成金に該当しないかな?と探すことが大切です。例えば、新たに人を雇用する、設備投資をするなど、大きくお金が動く時は助成金に該当する可能性があるので、調べてみる事が重要です。

 

長期的な視野を持って検討する。

助成金は受給する事が目的ではありません。制度導入などをすると後戻りができなくなります。今後の計画や、事業をどのように成長させて行きたいのか?など長期的な視野を持って検討し、助成金に対する理解を深めた上で取り組んでいく事が大切です。

 

助成金の要件を満たす。

各助成金ごとにある支給要領などを確認して、取組や設備投資などを行います。

助成金ごとにたくさんの要件があります。申請書や各種法定書類、記載方法など、細かな部分や不明な点、文章では読み取れないような要件は、管轄している機関やプロに確認をすることをお勧めします。

 

事前に手続が必要な助成金などは特に段取りをきちんと踏む。

例えば、制度の導入などは、順序が非常に大切になってきます。

制度導入の助成金はまだ導入をしていない事業所に対して行われる助成ですから、制度導入の申請をする前に、就業規則に明記などをしてしまうと、すでに導入している事業所となってしまうので、受給要件を満たさなくなるので要注意です。

 

申請期限までに申請。

申請の期限は厳守しなければなりません。制度導入して、実施もした。いざ受給申請となった時に、申請期日に遅れてしまうと受給することができなくなってしまいます。