助成金の基礎知識

助成金の生産性要件とは?

生産性要件とは?

国の意向としては、「今後労働力人口の減少が見込まれる中で経済成長を図っていくためには、労働生産性を高めていくことが不可欠である」と公表しております。

そのため、労働生産性を向上させた事業所は労働関係助成金が割増されますが、その際の生産性を向上しているかどうか?を判断する為の基準が生産性要件です。

 

生産性の計算方法

まず、計算するにあたっては「付加価値」と言うものを計算しなくてはなりません。
「付加価値」の計算方法は、

営業利益+人件費+減価償却費+動産・不動産賃借料+租税公課の式で算定します。
人件費にあたっては、従業員給与のみを算定することとし、役員報酬等は含めないこととしています。

付加価値が算出されたら、下記の式で生産性が算出されます。

 

生産性要件を満たすには?

要件を満たす方法は二つあります。

一つは、助成金の支給申請を行う直近の会計年度における「生産性」が、その3年度前に比べて6%以上伸びていること。

もう一つは、助成金の支給申請を行う直近の会計年度における「生産性」が、金融機関から一定の「事業性評価」を得てた上で、その3年度前に比べて1%以上(6%未満)伸びていること。です。

このどちらかを満たすことで助成金の受給金額が割増されます。

 

申請にあたって

生産性要件に関しては厚労省からリーフレットが公開されています。
また、計算を補助するシートもありますで、そちらをご活用して算出をする方法がお勧めです。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000137393.html