おすすめの助成金助成金の種類

時間外労働等改善助成金(勤務間インターバル導入コース)

概要

労働時間等の設定の改善を図り、過重労働の防止及び長時間労働の抑制に向け勤務間インターバルの導入に取り組んだ際に、その実施に要した費用の一部を助成するものです。

 

助成を受けるには

9時間以上の休息時間を設けた勤務間インターバルを導入し、導入に向けた取組を行う。

 

助成金額

対象取組の費用の3/4(最大100万円)が助成されます。

休息時間 「新規導入」に該当する
取組がある場合
「新規導入」に該当する取組がなく、
「提供範囲の拡大」又は「時間延長」に
該当する取組がある場合
9時間以上
11時間未満
最大80万円 最大40万円
11時間以上 最大100万円 最大50万円

対象となる取組

  1. 労務管理担当者に対する研修
  2. 労働者に対する研修、周知・啓発
  3. 外部専門家によるコンサルティング
  4. 就業規則・労使協定等の作成・変更
  5. 人材確保に向けた取組
  6. 労務管理用ソフトウェア、労務管理用機器、デジタル式運行記録計の導入・更新(※3)
  7. テレワーク用通信機器の導入・更新
  8. 労働能率の増進に資する設備・機器等の導入・更新

詳細についてはこちらのページを御覧ください。

申請の締切

2019年11月15日(金)まで(必着)※11月15日以前に受付が締め切られる場合もあります。

申請後、交付決定通知が届いた後、2020年1月15日までに取り組みを実施することとなります。